みどりの風について

はじめに

どうも~こんにちはっ☆私は大学で政治経済を勉強している者ですが、最初はまったく興味なかったのに、なんかはまりだしまして・・・・・(笑)そして最近ではレポートで『みどりの風』という団体についてまとめたんですけど、せっかく時間をかけてまとめた『みどりの風』のレポートなので、サイトとして作ってみなさんに『みどりの風』や日本の政治について知ってもらえたらな~♪とか思っている次第です!!みなさんは日本の政党といわれたら、どの政党を思い出しますか!?自民党??民主党??公明党??それとも一時期日本中を騒がせた、日本維新の会??(ほら、行列のできる法律相談所っていうテレビにも出ていた弁護士さん♪彼や石原元都知事が連日、メディアを賑わせていた政党ですよ!!)日本には現在12の政党が存在しますけど、私はなぜ『みどりの風』についてまとめたのかというと、ズバリ、自分が全然知らない団体だったからです(^^;)調べる前は、影の薄~い団体だな・・・・・(ーー;)とか思っていましたけど、せっかくやるなら“自民党”だの“民主党”だのありがちな政党が嫌だったんですよね~~~。ってそんな軽い理由がきっかけでございます。でも、『みどりの風』について知らない人多いでしょ!?ですよね!?なので、私が必死こいてまとめたレポートの内容を、ちょっと面白くして、すこしわかりやすくして書きますので、興味のある方、お勉強しちゃってくださ~い♪♪

政治団体『みどりの風』とは

みどりの風は、一番最初は谷岡郁子・行田邦子・舟山康江・亀井亜紀子の4人で結成した団体です!!最初は4人なので条件を満たしきれずに政党にはなれないんですけど、途中で民主党を離党した山崎誠衆議院議員が加入して、晴れて政党として歩み始めたわけですね(^^)その後も、離党や加入、政党や非政党を繰り返して、忙しい『みどりの風』。にしても、『みどりの風』というすがすがしい名前。さすが女性が立ち上げただけありますね。しかも立ち上げた当初、結成した4人が党首という考え方で、本当の意味での党首は置かなかったんです。こんな若僧の私が言うのもなんですけど、仲良しクラブじゃないんだから・・・・党首いたほうがいいんじゃない・・・・っていう感想です。あくまでも私の個人的意見でございます。女性って争いごととか避ける本能もってますよね~。協調的というか~。(脱線しまくりでスミマセン!!!)

『みどりの風』の由来

そうそう、この清々しい『みどりの風』という名前は、2つの考え方からきているそうですよ(・▽・)1つ目は脱原発・自然や環境・地域社会をあらわす「みどり」という意味で、2つ目は以前参議院にあった「緑風会」なるものを考えてつけたんだとか。『みどりの風』は、けっこう環境に力を入れた政党で、後に『未来の党』と合併するんですけど、この『未来の党』もまた、環境に力を入れた党なんです。なんといっても、党名が“日本の未来を考える”という意味の政党ですからね、やっぱ環境は良くしていかなきゃですよね♪こういった点では、女性目線の政党もある程度ないと政治が偏っちゃうから、大切ですよね、みどりの風!!!

『みどりの風』のロゴマーク由来

みどりの風のロゴマークは、風車みたいなマークで、4つの羽根が回っているような形なんです。これは、【四つ葉のクローバー=幸せ】というインスピレーションと、【風車=外(多くの方)からの風を受けてまわり続ける】というインスピレーションからデザインされたそうですよ(^^)なるほどね、色んな想いが詰まったマークなんでしょうね☆☆

政治団体『みどりの風』のあゆみ

またもやザックリ『みどりの風』の結成から現在までを解説しちゃいます~♪

2012年7月
谷岡郁子・行田邦子・舟山康江・亀井亜紀子の4人で『みどりの風』を結成!
2012年11月
元民主党の山崎誠衆議院議員が加入して、政治要件を満たした政党になります!
2012年12月
また4人になってしまって、政党ではなくなってしまいます。ですが!!!同月に亀井静香さんや平山誠さんの2人の議員が加入したことで、また政治要件を満たした政党としてスタート。みどりの風も忙しいこっちゃね。
2013年1月
代表は谷岡郁子議員、代表代行は行田邦子議員、幹事長は亀井亜紀子議員、政調会長は舟山康江議員、広報委員長は平山誠議員として、仲良しグループからきちんと役割が決められた政党になりました。あれ???亀井静香議員は???というと、あまりに大御所だからか、役職をつけることすらおこがましいので・・・・・。という神扱いで、とくに役職はナシだったそうですよ(笑)なるほど、尊敬しすぎているひとに、その気持ちを伝える方法って、そうゆう手もあるのか~~~!!と、政治じゃない部分で勉強になった私(笑)
2013年3月
行田邦子議員がみんなの党へ移ります。
2013年5月
『みどりの党』と『日本未来の党』が合併!!
2013年7月
同月の参議院議員通常選挙で、党公認候補を8人擁立した結果、代表の谷岡議員ら全員が落選したそうで~~~(^^;)結局、神扱いの亀井静香議員と、日本未来の党から来た阿部知子議員だけが残るはめに。もちろん政党ではなくなったし、みどりの党の代表で、でも落選しちゃった谷岡議員は、代表を辞めるどころか、国会議員を辞めるという状況になりました。政治家さんって、落選しちゃったら“ただの人”。でも、当選し続ければ、亀井静香さんみたいに神になるんですね。どの世界も大変ですけど、政治の世界もべらぼうに大変ですよね~。

政治団体『みどりの風』がまた非政党に!!!

さてさて、さっきのタイトルで解説したとおり、『みどりの風』はなんとまた政党ではなくなってしまったんです(TOT)私がレポートまとめたときはまだ政党だったんですけど・・・・(焦)2013年8月下旬に、総務省が“みどりの風は非政党になった”という知らせをニュースとしてだしたんですね~。これは私にとっては一大事。レポートまとめたのに~・・・みたいな。非政党になった理由は、参院選でみどりの風の改選議員全員、なんと4人とも落選したので、国会に所属する議員が亀井静香さん、阿部知子さんの2人だけになったからなんです。政党というものは“政治資金規正法”に則っている党なんですよ。その政治資金規正法に則った“政党”になるためには、もちろんいろいろ条件があるんです。その中に「国会議員が5人以上所属する団体を政党と認める」という条件もあるんですけど、見事に満たしてないですよね、2人じゃ(^^;)はは。仕方ない。

政治資金規正法とは??

さきほど“政治資金規正法”っていう言葉を出したんですけど、簡単にご説明していきますね~(・▽・)簡単に言えば、政治関連の法律の1つで、政治活動の内容を国民にきちんと示して、正しい政治活動をおこなってもらうことが目的の法律なんです(^^)すっごいザックリ言えば、以下の3つのような内容です(^^)

政治資金規正法をやぶったら、法律に触れることとなります。なのでもちろん法によって処罰されますよ。とはいえ、陰ではいろんな陰謀・野望がうごめいているはず。ドラマ見すぎかな(笑)でも、クリーンなことだけやってきた人がトップになれるのか!?難しいところです。「踊る代走査線」の室井さんじゃないけど、“正しいことをしたいから偉くなる”という目的のはずが、だんだん矛盾して、“偉くなるためにはズル・ウソ・違反をしなければいけない”というね。この図式は、どんな組織にも存在するんですね・・・・。

政治資金規正法【政治資金の収支公開について】

政治団体は、1月1日から12月31日までの、その政治団体にかかわったすべての資産・収入・支出などを明記した「収支報告書」なるものを、総務大臣か各都道府県の選挙管理委員会に出さなければいけないんです。もちろん毎年出します。これを官報や都道府県の公報で公表されるんです。過去3年分は総務省などで保管されているので、見ることが可能ですよ!!

政治資金規正法【政治資金の受け取りについて】

政治資金の受け取りについてはこんなかんじですね。めちゃめちゃザックリですが(笑)細かいと頭痛くなるのでね(^^;)

これを違反して献金すると、いわゆる「闇献金」となり、ニュースになるんですね~。

みんなで日本の政治を考えよう!